赤ちゃん連れで飛行機に乗るときのポイント

日記

最近は海外旅行も一般的になり、赤ちゃんを連れて飛行機に乗る機会がある人もいるのではないでしょうか。しかし、短距離ならばともかく、長距離の場合、赤ちゃんのために何を持ち込んだら良いのか、どのようなサービスなら期待できるのか、ちょっと不安がありますよね。

もちろん航空会社によって提供されるサービスは異なりますから、それぞれチェックする必要がありますが、大体何を準備すれば良いのかわかると少し安心できるのではないでしょうか。

ここでは、赤ちゃんを連れて飛行機に乗るときのポイントとコツについて紹介します。

座席について問い合わせる

まず、2歳以下の子供であれば、原則座席を予約する必要はありません。しかし2歳以上の子供の場合、あるいは2人以上の子供がいる場合は座席が必要になります。

航空機は赤ちゃん用のライフジャケットの方で搭乗できる赤ちゃんの人数が決まりますので、まずは航空券を購入する前に航空会社に問い合わせ、赤ちゃんが乗れるかどうかチェックしましょう。動きによって赤ちゃんが座れる座席が決まっています。そのため、既に多くの赤ちゃんが予約している場合、その飛行機には乗れない可能性があります。

航空会社に問い合わせれば簡単に教えてもらえますので、予約する前に必ずチェックしてください。「予約できるなら大丈夫だろう」と思わず、事前確認が大切です。

バルクヘッドをお願いする

赤ちゃんが乗れると確認できたら、バルクヘッドの座席をお願いしましょう。バルクヘッドと言うのはいくつもに分けられた航空機の座席の中で一番前の席を指します。目の前には壁があり、そこにはバシネットと呼ばれる赤ちゃん用のベッドを装着できるようになっています。この座席は足元のスペースも広くとられているため、赤ちゃんのお世話をする時も安心です。

航空会社によっては赤ちゃん連れの乗客はこの席に座らせると規定されている場合もありますが、申し込んでおかなければこの座席に座らせてもらえないこともあります。しかし、赤ちゃんを膝に座らせる場合、一般の座席で赤ちゃんを膝に座らせるとテーブルが使えませんし、前の人が座席を倒すと赤ちゃんが挟まるリスクがあります。

そのため、前もってバルクヘッドを予約しておきましょう。

赤ちゃんの離乳食について

国際線の場合、機内に持ち込める液体物は100ミリリットル以内と規定されています。そのため、赤ちゃんの離乳食はどうしたら良いのかと悩む人もいるかもしれません。

しかし、赤ちゃん連れであれば赤ちゃんの離乳食は持ち込みができますので、安心してください。赤ちゃんが普段飲んでいる赤ちゃん用のジュースも100ミリリットルの規定に関係なく持ち込めますし、インスタントの離乳食であれば客室乗務員に温めてもらうこともできます。赤ちゃんのお菓子も持って入ってかまいません。液体状のものであっても100ミリリットルには含まれません。

ただし、これは赤ちゃんがいてこそ可能なものであり、赤ちゃん連れでなければ離乳食の持ち込みは認められません。

座席の確保がとても大切

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、座席の確保がとても大切です。「赤ちゃん連れだからといってバルクヘッドを用意してもらえるとは限らない」ということがありますが、一般の座席で赤ちゃんを膝に乗せるのは危険がありますので、出来る限りバルクヘッドを予約できるよう、問い合わせをしてください。

航空会社によっては、バルクヘッドの座席を有料で他の乗客に提供することもあり、赤ちゃん連れの夫婦の場合、例えばお母さんだけをバルクヘッドに、お父さんは一般の座席に、と分けられてしまうこともあります。しかし、これではお母さんの負担が増えますので、一緒にしてもらえるよう、極力交渉を続けてください。

なお、2歳過ぎた場合は一般座席の予約が必要になります。

タイトルとURLをコピーしました