古くなった衣類や布団類のリサイクル法について

日常のこととか

日本だけでなく、今世界では、ゴミの問題が深刻化しています。

最近は、海外への貿易や観光を制限している関係で、今まで日本から海外へと運んでいたプラスチックや衣類などのごみやリサイクル品が、日本に残ったままになっています。

今回は、国内で古くなった衣類や布団類を効率よくリサイクルする方法についてレクチャーしていきます。

布団の綿は洗浄すればリサイクルできる

布団が古くなったからといって、すぐに捨ててしまうと、粗大ゴミが発生してしまいます。

家で古くなった布団を、布団屋さんに打ち直してもらうと費用がかかるので、新しく購入するといった家庭が増えてきています。

新しく布団を購入するのも良いですが、古くなった布団は、終えるゴミに出さずに、市の指定の回収方法で引き取ってもらうことが、大事です。

家庭で古くなった布団をリサイクルする方法としては、布団のカバーは、ハンカチサイズにカットして、油や窓などのしつこい汚れを拭く、使い捨て布にすると良いでしょう。

布団の綿は、コインランドリーなどでしっかり洗浄すると、また使えます。

手芸ができる方でしたら、布団の綿を活用して、ぬいぐるみをつくったり、クッションの綿にすると良いです。

もしも家庭では、布団をうまくリサイクルできない場合には、布団を無料で引き取ってくれるサービスを行っているサイトを探すことです。

その場合には、引き取り料や回収料、リサイクル料が発生しないかどうか、事前に確認が必要です。

着なくなった洋服のリサイクル法

着なくなった洋服のリサイクル法としては、洋服のボタンや飾りのレース、スパンコール、ファスナーをまずは、外してリサイクルすることです。

ボタンや飾りのレース、スパンコール、ファスナーなどは、集めてまとめてオークションやフリマ、メリカリに出品すると、売れる場合があります。

布の部分は、巾着袋を作るサイズにカットして、巾着にすると良いでしょう。

デニムでも、巾着袋にすると、丈夫な巾着が完成します。

着なくなった洋服、スリップなどの下着についているレースや飾りは、マスクに使うと、おしゃれで個性的なマスクができます。

着なくなった洋服も、部品を活用したり、布の部分をカットして、巾着袋やマスコット、ぬいぐるみなどの雑貨造りに活用すると、上手にリサイクルできます。

最近では、スマホやテレワークの普及によって、家で手芸などの手仕事をする人が減少傾向にあります。

なんでもネット通販やお店で手軽に購入できる時代ですが、インターネットが何らかのトラブルで使用できなくなった時に、手仕事ができると、インターネットがつながるまでの期間に、手仕事の副業で副収入を得ることもできます。

ネット社会だからこそ、手仕事も大切になってきているので、着なくなった服などを活用して、手仕事の練習に励んでみて下さい。

着なくなった洋服の布でバザー用品

着なくなった洋服の布は、一般的な手芸店には販売していないような個性的な布が多いので、そういった布を活用すると、個性豊かな雑貨を作ることができます。

布を活用する技術としては、カルトナージュアートや、木目込み人形、パッチワークがあります。

カルトナージュアートや木目込み人形造りは、門の先生に習いにいかないと、独学でマスターするのは難しいですが、巾着袋やぬいぐるみ、マスコット造り、パッチワークですと、手作り雑貨の本を参考にしながらでも、ビギナーでもチャレンジできます。

パッチワークは、たくさんの布を集めて作っていくと、ソファーカバーや布団カバーなど、大きな作品を作ることもできます。

日本は、産業が発展するにつれて、洋服や雑貨、家具などの製造を海外へと依頼して、輸入する傾向が増えています。

日本の手工芸の技術がもっと栄えた方が、オリジナリティ溢れる国を作ることができるので、家庭の主婦や学生でも、着なくなった洋服を活用して、手芸の練習を行うことをおすすめします。

まとめ

今回は、古くなった衣類や布団類のリサイクル法についてレクチャーしていきました。

ファストファッションの普及によって、洋服の格安で手に入れることができますが、季節ごとに着なくなった服を捨てていては、ゴミが増えていくいっぽうです。

布類は、工夫次第でいくらでも、リサイクル可能なので、大切な資源だと思って、手工芸の原材料として、素材を活かした作品作りにチャレンジしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました