カップル利用からビジネスユースまで!最近のレンタルルーム事情

仕事とか商売とか

以前はホテル以外でどこかで夜を明かすと言えば、漫画喫茶やネットカフェがほとんどでしたが、最近はレンタルルームという選択しまあります。

特に東京都内ならあちこちにレンタルルームができているので仕事で遅くなってもそれほど困ることはありません。

実際サラリーマンでレンタルルームを活用している人も増えてきています。

ちなみにレンタルルームは完全な個室です。ネットカフェだと上が少し空いていたりして、なかなか落ち着かない経験をしたことがある人も多いと思いますが、レンタルルームの場合は完全な個室で密室空間なので、中で仕事をしたり勉強をしたり等にも活用することが可能ですし、カップルで利用する人も少なからずいます。

レンタルルームの主な活用方法

レンタルルームをもう少し詳しく解説すると、時間単位で借りれて、室内を自由に使えるというものです。先にも書きましたが、完全な個室なのでちょっと休憩するのにも適しています。

レンタルルームといわれるカテゴリは大きく分けて2種類あり、ひとつは会議室や多目的空間、大きめのスペースなどをまるごと借りれるところ、そしてもう一つはベッドやシャワーなどのついた個室を借りれるところです。

前者は会議はもちろん、セミナーや研修など企業が借りて使うことが多く、またホームパーティーやちょっとした集まりやイベントなどに使われることも多いです。

後者の方は主に駅の近くなどで個人が個室として借りることが多く、仮眠したり、勉強したり、仕事したりという使い方が多いです。

とくに後者の方はネットカフェを今まで使っていた客層が使うようになってきています。ネットカフェとの大きな違いは、パソコンがないということですが、今はほとんどの人がスマホを持っていますし、必ずしもパソコンがなくてもネット環境には事欠かないので、レンタルルームで十分と言う人も多いのではないでしょうか。

それ以上にネットカフェにはないレンタルルームの魅力は何と言ってもプライバシーです。ネットカフェのように個室にはなっているものの、上が空いていて落ち着かない空間ではなく、完全に外と分断されているので、リラックスして過ごすことが可能です。

またちゃんとしたベッドが備え付けられているところもあるので、仮眠をとるにも非常に快適です。

最近はラブホよりもレンタルルーム派のカップルも!?

こうしたたくさんのメリットから最近ではレンタルルームをカップルで利用する人も増えているようです。実際今までネットカフェを利用していたカップルも、レンタルルームを使うようになってきた人も多いようです。

やはり完全個室でしかもラブホテルのように高くなく、シャワーも完備されていると人気が出てくるのもうなずけます。

他にも例えば派遣型のお店やエステ、マッサージなどを利用する際にレンタルルームに派遣してもらって使っている人もいるようです。

レンタルルーム自体は様々でルームによっては希望の用途で使えないこともありますが、特に東京などでは様々な用途で使えるように開放しているところが増えています。

例えば新橋駅のレンタルルームでは、カップルでの利用などもおすすめしていますので、コスパよく使いたいという人はぜひレンタルルームを利用してみてはいかがでしょうか。

レンタルルーム事情まとめ

最近のレンタルルーム事情について解説させていただきました。レンタルルームはネットカフェでもなく、ホテルでもなく、ラブホでもなく、独自のポジションを確立しています。

いろんな用途で使えるため、ビジネスユースはもちろん、単なる宿泊施設として使ったり、カップルで使ったりと非常に便利に利用することが可能です。

これからこうしたレンタルルームは都市部を中心に増えていくことが予想されます。

やはり何と言っても安い料金で使えるというのが若者を中心に受けているのかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました