小資本で起業できるネット系のおすすめ職種

仕事とか商売とか

これからは「個」の時代と言われるようになってきていますが、ネットを使ったフリーランス系の若者たちが増えてきています。昔のように、一大決心をして脱サラして起業!というよりは、気軽に副業でやってみて意外と儲かったから、そのまま起業しちゃえ!みたいな感じで会社を興したり、フリーランスになったりする人も多い時代です。

転職が当たり前になっている時代なので、会社を辞めるということにそれほど抵抗がない人が多く、たとえ起業して失敗しても経験値としてプラスにこそなれ、その後の転職にマイナスに働くということもそれほどないのではないでしょうか。

こういった事情もあり、比較的簡単に起業できてしまう今の時代ですが、ネットを使った起業と言えばどんな業種があるのか、いくつか紹介したいと思います。

ユーチューバー

もう今や知らない人がいないぐらいYouTubeという存在は大きくなり、ユーチューバーも子供の人気の職業に選ばれたりするなど、社会的なポジションを確保しています。また最近では芸能人の多くもYouTubeに参入してきており、YouTube市場は非常ににぎやかです。

その反面、参入する人も非常に多いため、今からユーチューバーとして独立して一定のポジションを確保するにはなかなか大変なことも事実でしょう。

成功するカギとしては自分の得意分野を突き詰めて地道にファンを獲得していくしか方法はありません。テレビの世界と同じでユーチューバーとして成功する確率はそれほど高くはありませんが、成功すれば大金を稼ぐことができる夢のある業種でもあります。

webプログラマー

一口にプログラマーと言っても色々とありますが、ここではweb系のプログラマーについて解説いたします。web系のプログラマーはみんなが日常的に目にするホームページやアプリなどのプログラミングをする仕事です。

webプログラマーの場合は小さな仕事もあるため、内容によっては一人で仕事を完結することも可能です。大規模webサイトを構築する際は、webディレクターやデザイナーなどとチームを組んで仕事を行ないます。

システムエンジニアほど難易度が高くなく、今からの時代そこそこの需要もあり、個人で開業することもできるため、人気の職業とも言えます。webプログラマーとして独立開業するには現場で仕事を覚えるほうが手っ取り早いため、最低でも数年間はどこかで働いてから独立という流れのほうがリスクも少なくとおすすめです。

また今はプログラミングスクールなどもたくさんできているのでプログラムを学ぶ機会も増えてきているので、興味のある人は一度勉強してみるのもいいでしょう。

webデザイナーやホームページ制作

ホームページの制作も今では様々なソフトやツールがあり、個人での開業も可能です。

大きめのサイトを制作する場合は、プログラマーなどとチームを組んで制作することもあります。制作自体は今の時代ちょっとした知識があれば、誰でも簡単にホームページを作れるツールも充実しているため、webデザイナーと名乗るにはやはりある程度のデザインスキルが必要になってくるでしょう。

実際webサイト制作と事業内容に入れているところは非常に多く、異業種の会社が副業的な感じでホームページ制作を受け付けていたりすることもあります。

比較的手軽に起業はできますが、それなりに稼ごうと思ったら、ずば抜けたデザインセンスや他にはない何かが絶対に必要になってくるでしょう。

アフィエイト、広告運用

いわゆるアフィリエイターと呼ばれる人たちです。大きく分けてSEO対策をメインとして検索結果からのアクセスで売り上げを上げるパターンと、PPC広告などを利用して、広告出稿してアクセスを増やして売り上げを上げるパターンが多いです。

最近では後述のブロガーと混同されることも多いですが、アフィリエイト専門にやっているところは組織化して会社を大きくしつつ、他業種に参入しているところも増えてきています。

アフィリエイターと言えば、人によってはあまりいいイメージを抱かない人もいますが、組織化して会社経営すればIT企業の社長ですから、世間からの見られ方も随分と変わります。実際アフィリエイターから独立して年商100億円超の会社も存在しています。

昨今のGoogleのアップデートでSEO対策はかなり厳しい状態になってきていますが、それでも当たれば非常に大きなリターンが得られるため、参入者は非常に多い世界です。最近ではSEO以外にもSNSなどで集客を行なったりして売り上げを上げているところも増えてきているので、集客さえできれば大きく稼げる業種ではないでしょうか。

小資本で起業できるネット系のおすすめ職種まとめ

これから起業しようとする人は一番のおすすめは、まずは副業として何かを始めてみるのがいいでしょう。ここに挙げた業種はすべて副業として今すぐにでもスタートできるものばかりです。いきなり会社を辞めて独立するよりは、本業をやりながらスタートしてある程度売り上げが上がってきたら独立という流れが一番いいと思います。

独立に関しては会社設立など煩雑な手続きが非常に多いのですが、お近くの司法書士に相談すると良いでしょう。会社手続き自体は自分でもできますが、開業後のいろんな相談や手続きなどを含めると専門家に任せるのが一番です。特に東京などではスタートアップに強い日本橋の司法書士もいるので大いにフルに活用することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました